【売れてる本・気になる本紹介】言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

20161006001.jpg


言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) 新書 – 2016/4/15
橘 玲 (著)

科学的な見地から語られる、残酷な真実・・・
努力 対 遺伝
「美貌格差」
子育て・教育の真実 ・・・
口には出せません・・



内容紹介(Amazon商品説明より)




ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

この社会にはきれいごとがあふれている。人間は誰しも平等で、努力すれば必ず報われ、〝見た目″はそれほど大した問題ではない――だが、それらは絵空事である。往々にして、努力は遺伝に勝てない。知能や学歴、年収、犯罪癖も例外ではなく、美人とブスの「美貌格差」は生涯で約3600万円もある。また、子育ての苦労や英才教育の多くは徒労に終わる……。進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が次々と明かす「残酷すぎる真実」。読者諸氏、遺伝、見た目、教育、性に関する、口には出せない「不愉快な現実」を今こそ直視せよ!

I 努力は遺伝に勝てないのか
1:遺伝にまつわる語られざるタブー
2:「頭がよくなる」とはどういうことか――知能のタブー
3:知識社会で勝ち抜く人、最貧困層に堕ちる人
4:進化がもたらす、残酷なレイプは防げるか
5:反社会的人間はどのように生まれるか

II あまりに残酷な「美貌格差」
6:「見た目」で人生は決まる――容貌のタブー
7:あまりに残酷な「美貌格差」
8:男女平等が妨げる「女性の幸福」について
9:結婚相手選びとセックスにおける残酷な真実
10:女性はなぜエクスタシーで叫ぶのか?

III 子育てや教育は子どもの成長に関係ない
11:わたしはどのように「わたし」になるのか
12:親子の語られざる真実
13:「遺伝子と環境」が引き起こす残酷な真実
(目次より)

著者について
橘玲
作家。1959年(昭和34)年生まれ。小説『マネーロンダリング』(デビュー作)や『タッスクヘイブン』のほか、ノンフィクションや時評も手掛け、『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』はベストセラーとなる。『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』『バカが多いのには理由がある』『「読まなくてもいい本」の読書案内』など、著作多数。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。m(_ _)m
→→にほんブログ村 本ブログ




スポンサーリンク

・【iPhone・3DS格安修理、高価買取
(大阪・吹田・摂津・千里丘・岸辺・箕面・茨木方面の方)】
地域最安値で修理します。壊れたスマフォ・ゲーム機も買い取ります。
http://support-mobile.net/
「サポートモバイル(姉妹店)」


・当たる占いメール鑑定なら「BastetMoon~バステトムーン」へ。
タロット占いと算命学であなたの運勢を個別・個人鑑定。
お試しメール鑑定は初回無料!
http://bastetmoon.jp/
「BastetMoon~バステトムーン」


・【古本・古書・CD・DVD・ゲーム 高価買取
(大阪・吹田・摂津・千里丘・岸辺・箕面・茨木方面の方)】
古本の買い取りなら大阪の森川古書店へ古書・雑誌等、幅広く買い取ります!
宅配・訪問・店頭での買取が可能です。
http://www.morikawabook.com/
「森川古書店」









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント